ミニバラの葉っぱ

0




    バラの葉っぱが展開してきました

    楽しみ?
    ***************
    にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
    にほんブログ村 花・園芸ブログへ
    大八木ミノル本業サイト→ †蔓薔薇人形館†
    ***************
    posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

    蔓薔薇の剪定

    0
      まだ新年を迎えていませんが、蔓薔薇の剪定をしました
      コンパッションの花がら

      今年は割と短めに切り詰めました
      ハイブリッドティーは年明けに剪定予定ですが、こちらも短くバッサリといこうと思います

      posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

      芽の整理

      0


        薔薇の芽が伸びてきたので整理しました。

        上が作業前、下が作業後です。
        ぶつかっている枝をカットして、勢いの良い芽の上でカットします。
        交差しそうな芽はどちらかを掻きます。

        写真はスイートチャリオットです。
        ミニですが、良く香ります。
        posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

        花咲か爺さん

        0
           そういえば、10日ほどまえ、ホームセンターで買った粉状の薔薇の肥料を、花咲か爺さんみたいに薔薇の根元にばーっと撒いて歩きました。

          前回施肥したのいつだったか覚えていません。|||(@Д@;|||
          もしかしたら、去年は芽出し肥料やっていないかも。

          今年はイラガを見つけ次第、駆除することを目標にします。
          posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

          バラ初心者に告ぐ

          0
              昨年、バラの新苗を植えた方々。そろそろつぼみがたくさん出てきて、そわそわしているのではないでしょうか?

             本を見ると虫を退治しろとか、消毒をいつまでにしろなどなどたくさんすることが書いてありますが、そんなの全然しなくて大丈夫です。冬の剪定すらしなくても大丈夫です。

             新枝が出てきたら元気のいい枝の上をバサッとカットすればいいのです。
            勝手にその場所にあった枝振りに育ってゆきます。


              葉っぱが大きく育ってきたら、日光を受けられない場所の葉っぱが黄色くなりますので手でぽろぽろ取ってやります。それをバラの根元においてぬかをぱらっと振っておくとすぐ分解されます。

             照り葉系のつるバラは夏にすごく枝を伸ばしますので、たまに様子を見て、フェンスやネットをくぐってないか見て、枝が固まる前にいいところに誘引してちょっと止めておきます。
             
             さあ、いよいよバラ生活の醍醐味を味わえる季節がもうすぐです。楽しみですね。
            posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

            剪定と誘引

            0

              モーヴァンヒルズを雨除けの方に誘引してみました。
              まだ蕾がついています。
              posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

              バラ栽培を始める方に ラクラク管理のコツ

              0

                JUGEMテーマ:バラと暮らす

                  バラを栽培するというと、なんだか大変そう!と思っている人がまだ多いようです。
                私の庭のバラは薬も撒かないし肥料もテキトーですが、黒点病もうどん粉病も殆ど無く、五月から十二月までは何かしらのバラが咲いている状態を保っています。
                 
                 その秘訣は、いかにバラを取り巻く生態系を豊かにするかということに尽きると思います。バラを損ねる要素、例えば害虫や病原菌、悪性のカビなどが入る隙がない程に善玉の虫や菌類を増やす事でラクラク管理が可能になるのです。

                 虫も菌もいない状態を保つのは温室などでもない限りたぶん不可能ですし、環境としていびつで不自然です。しかし善玉の虫や菌を優勢に保つ事ならそれほど難しくはないのでは?と思うのですがいかがでしょう?

                 具体的な方法として

                ●春先アブラムシが発生してもあわてて駆除しない。じーっと耐えているとてんとう虫やカゲロウ、アブなどが来てバランスが取れ始める。

                ●土中の菌類を増やすために常に土に良質の有機質を補充し、同時に米ぬかを散布する。

                ●この庭の生態系の頂点は自分であると自覚し、害虫は捕殺する。爬虫類や両生類が現れたら邪見にせず、暖かく見守り、居着いていただけるように環境を整える。

                ●小鳥が来やすいように樹木の配置などを考え、冬には餌なども置いて巣作りしてもらえるように努力する。小鳥は営巣すると一日300匹の虫をとるそうです。

                ○余談ですが、SNSなどで初心者ですと開き直って何でも聞いてすまそうとしている人が目につきますが、せめて植物の育て方の基本的な本なりは一冊くらい買って読む事は必要だと思います。
                セアノサスキモッコウシロモッコウ
                posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

                ★バラの栽培や果樹、菜園、花壇など注目の有機質たい肥!【菜園】【花壇】【バラ】■うまの堆肥【完熟馬糞】18L/9袋セット ■1117PUP5

                0
                  JUGEMテーマ:バラと暮らす


                  馬糞堆肥を買ってしまいました。
                  どうも我が家の土は砂質で有機質が足りず、すぐドロドロになってしまいます。
                  培養土を入れたところは良いのですが、少し掘り返すと、良くない土だとわかります。なるべく有機質を表面に撒いて、米ぬかを振ったりしているのですが、今年は思い切って評判の良い馬糞堆肥を撒いてみる事にしました。

                  袋を開けてみると、黒くてしっとりしています。匂いも無く、ブラウニーのようです。
                  早速土の表面に薄く撒いてみました。

                  来年の春が楽しみです。
                  posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

                  蟹の殻

                  0
                      年末年始、お家で蟹を食べる方もいらっしゃるでしょう。わたしは蟹の殻は捨てないで、オーブンで空焼きしてから砕いてバラの鉢に撒いています。
                     蟹のキチン質を分解する菌が病原菌に拮抗するらしいのです。猫が来ますが。
                    posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

                    秋の薔薇

                    0
                       今年の夏は薔薇はほとんど放任してしまっていた。とりあえず水やりとチュウレンジをテデトールするぐらい。夏の剪定もほとんどせず、いい芽の上でカットしただけ。
                       
                       小さい鉢に植えていたミニが何鉢か枯れてしまった。暑くなる前によせ植えしておけばよかったかもしれない。

                       9月にはいって月桃やアグリクールをまき始めた。怪しい鉢を調べて黄金虫の幼虫を退治した。10月になってようやく庭で作業する気になり、液肥をせっせとやったりしている。
                       
                       ここに来てオールドローズが見事な葉っぱを茂らせ、まるで二度めの春が来たよう。マッカートニーとコンパッションがぽつぽつ咲き、アイスバーグもかなりの花を付けている。遅ればせながらERも蕾を付け始めた。

                       近所の市営の薔薇園はキチンと満開の花を咲かせていた。きっと暑い夏は摘蕾し、夏剪定もキチッとするのだろう。素晴らしい。来年は見習いたい。

                       今年の夏のチュウレンジはひどかった。でも逆にクチバやヨトウムシはほとんどいなかった。冬の寒さが良かったのかな?

                       そろそろ苗の注文の季節だけど、今年は何を買おうかな?
                      posted by: †蔓薔薇人形館† 庭師 | 薔薇の世話 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |